[ 会社概要 ] [ 求人情報 ] [ 事業紹介 ] [ 精度管理 ] [ 個人情報保護方針
[ 検査案内 ] [ 実験病理標本 ] [ 外部活動報告 ] [ Link ]

[ 病理組織検査 ] [ 細胞検査 ] [ HPV検査 ] [ 各種染色 ] [ 蛍光抗体法検査 ] [ 写真撮影・スライド作製 ]
 

 

病原体遺伝子検査(HPV検査)

保険収載となっているHPV核酸同定検査(高リスク型) HC2法(ハイブリッドキャプチャー法) (*1)で検査を行います。
保険適用に際しては、適用条件があります。 (*2)

 

 

検体の取り扱い

検査材料 : 患部擦過物

容   器 : LBC容器 専用容器 (*3)

保存方法 : 室温

所要日数 : 3〜6日

検査結果 : 陰性 陽性

基準値   : 陰性

 

備考

(*1) HC2法は臨床的に有効なカットオフ値の設定と、検出対象が全ゲノム領域であることから、L1領域の欠失による偽陰性のリスクを回避できるHPV検査です。

 

(*2) HPV核酸検出は、予め行われた細胞診の結果、ベセスダ分類上ASC-US(意義不明異型扁平上皮)と判定された患者に対して行った場合に限り算定できます。なお、細胞診と同時に実施した場合は算定できません。

 

(*3) 細胞診をLBC容器で行った場合のHPV検査は採取日より4週間以内であれば、その検体で追加検査することが可能です。

このページのTOPへ

Copyrighit(C);  NIHON CELLNET Inc.   All Right Reserved.