[ 会社概要 ] [ 求人情報 ] [ 事業紹介 ] [ 精度管理 ] [ 個人情報保護方針
[ 検査案内 ] [ 実験病理標本 ] [ 外部活動報告 ] [ Link ]

[ 病理組織検査 ] [ 細胞検査 ] [ HPV検査 ] [ 各種染色 ] [ 蛍光抗体法検査 ] [ 写真撮影・スライド作製 ]
 

蛍光抗体法検査

腎と皮膚の蛍光抗体法を実施しており、迅速な報告が好評です。

 

 

腎生検蛍光抗体法検査 

材   料: 凍結組織 (コンパウンドを用いて凍結状態にて提出して下さい)
        ホルマリン固定組織 

検査方法: 蛍光抗体染色(IgG、IgA、IgM、C3、C4、C1q、fibrinogen)
                 PAS、PAM、マッソン・トリクローム、ヘマトキシリン・エオジン染色

所要日数: 14日前後

 

 染色例 (膜性腎症)

   

 H.E                               PAS                               PAM

  

 IgG                                    

 

 

 

皮膚生検蛍光抗体法検査 

材   料: 凍結組織 (コンパウンドを用いて凍結状態にて提出して下さい)
          ホルマリン固定組織
 

検査方法: 蛍光抗体染色(IgG、IgA、IgM、C3、C4、C1q、fibrinogen)
                 ヘマトキシリン・エオジン染色

所要日数: 14日前後

 

   染色例 (類天疱瘡)

      H.E                               IgG                               C3       

このページのTOPへ

Copyrighit(C);  NIHON CELLNET Inc.   All Right Reserved.